会社概要

代表者ごあいさつ

代表者 永冶啓子ベックマン(Nagaya-Beckmann Keiko ) 

岐阜県恵那市出身。愛知県立看護大学卒業。聖路加国際病院勤務、後渡英。
ドイツ・ミュンヘン州立通訳研究所卒業。オーソモレキュラー栄養学をビタナトゥラ社にて学ぶ。1989年リデンバウム・コンサルテイング輸出会社ミュンヘンで創立。ビタ ナトゥラ社の日本担当、整合分子栄養学アドバイザーとなる。

個人ブログ・コラム集はこちら。

私は23歳の冬1月、スーツケース1つ持ち1人で何か大きな力に背中を押されるように、横浜港からバイカル号に乗り、ナホトカへ、シベリア鉄道を使いハバロフスクへ、そしてモスクワへ飛び数日間滞在、モスクワ中央駅からヨーロッパ大陸を鉄道で横切り、ベルギーのオーストエンドからドーバー海峡を渡り、英国へ語学留学しました。あれから既にEUで40年近い歳月が流れました。
当時東京の聖路加国際病院に看護師として勤務していましたが、止むを得なく選択した職業を一生続ける事と小児科勤務から手術室勤務でしたが、特にガン患者さんへの抗癌剤投与、手術、放射線治療の西洋医学に何だか疑問を覚え大変苦悩していました。
アメリカへの留学も考えていましたが、どうしても気が進みませんでした。
自分に新しい環境を与え、再教育を受け人生をリセットして、自己実現を目指す事を考えた時、生きる元気と自分でも驚くほどの情熱が出てきまして、日本を後にしました。
その後、英語だけでは十分でない事に気がつき、渡独しドイツ語を学びました。
その後、ライナス・ポーリング博士の直弟子ベルネイ女史に出会い、オーソモレキュラー/ 正常分子整合栄養学/ 新しい栄養学を学び、特に日本には無い水溶性+脂溶性ビタミンC/エスターCを知り目から鱗で、大いに感激しました。
関節用マイクロ栄養素では、父の変形性膝関節症が見事に回復し、自らの右膝の炎症も短期間で改善し日本の常識が覆され、今までに700人以上の日本の方が、痛みが取れて関節がリペアーされ、本当に嬉しい事に生活の質を向上されています。

更に、オーストリアのバードガスタインの高貴なるラドンガス226を出すラジウム鉱石と岩盤浴は痛みには優れた効果を出し、難病までも和らげる偉大なるホルミシス療法に出会い、これを紹介する事が出来る様になりました。
ここで実に簡単で、活性酸素対策をし、自然の力で全身の細胞を栄養素で満たし、自己治癒力や細胞修復力を刺激し、副作用の心配もなく化学薬品を使わないで、全く新しい健康へのアプローチを紹介できる事は、大きな喜びです。
多くの感謝状も頂き、ドイツに来まして、本当によかったと思っています。


会社名のリンデンバウムとは?

会社名リンデンバウムは、南ドイツに神々しく立つ樹齢1000年以上と言われます西洋雑種菩提樹 (ヒンデンブルグ・リンデ、樹の幹周囲が15m、高さ35m、空に延びる枝は樹齢600年位の太さ)から頂きました。 アルプスを背景にして立つその雄大で強く頼りになる姿に触れるとき、震えるほどの偉大なる自然のパワーに包まれます。大自然の不思議なる仕組みと活力の真の源を、使命感を持ち日本の皆様に紹介して行きたいと願います。 悩みをお持ちの貴方様も是非自然のパワーに出会って下さり、生活の質を、人生の質を向上させて下さる事を心より願いまた応援させて頂きます。

     

2012 年 6月

 

運営会社情報

会社名 リンデンバウム・コンサルティング
Lindenbaum Consulting
住所 Wuermsee Strasse 35, 81476 Muenchen, Germany
E-mail kbnagaya@t-online.de
Tel ++49-89-7244 75 39